断食はダイエット効果だけではない、実はここがポイントです

断食はだいたいどの宗教にもある修行の一つとしてスタートしたようです。
そのほか、ハンガーストライキというのがあるように抗議するためにもやられています。

近代では健康のため、病気治療のための断食が科学的に解明されつつあり、近代医学でも研究が進められています。断食の最大の目的は、食べ過ぎによる体内の余分な栄養を取り除き、人間が本来持っている能力を最大限に引き出すことにあります。

食物を断つわけですので、からだには大きなストレスになります。このストレスに打ち勝つために、あらゆる臓器を総動員して生命を守ろうとするわけです。これにより、からだの仕組みを大きく変動させ体質を変換させる力が働き、病気の治癒力を引き出すのだといわれています。




その結果として、断食を行うとストレスにも強くなると言われており、ホルモンの司令塔である脳下垂体から、ストレスに強く対抗する物質が出ることがすでに科学的に証明されているようです。

また、断食の実践は人間の本能をコントロールしたり、自我を捨て、謙虚な心にたちかえるなど心の部分にも大きく関わってくるようです。

ですから、断食を実践するということは、ただ単にダイエット効果だけでなく、体の変化やいろいろな心の変化までもたらす非常に根源的な行法だということです。

断食ダイエットの簡単なやり方はコチラから。

posted by force at 17:05 | 人の身体のしくみ


食事でダイエット

人の身体のしくみ