ダイエットの為の運動の落とし穴はこれにつきます

ダイエットは運動と食事の採り方がセットになっているというのは皆さんよく知っていることだと思います。。食事だけのカロリー制限だけでもうまくいきませんし、運動だけして、食生活が乱れていたのでは、これまたダイエットの成果は得られないということになります。

運動をとりいれるということは、代謝を上げて脂肪を燃焼させ痩せやすくするというものですが、毎日それなりの運動をしているが、なかなか痩せなくなった。とか、逆に太りやすくなったという実感を持つようになった人も多いのではないかと思います。



これには極めて単純で明解な理由があるわけです。すなわち、摂取したカロリーを運動により適正なカロリー摂取量に調整しようとしているわけですが、うまくいかないということですよね。

これが一番多い失敗例になります。

運動してもダイエット的に効果がでない人は、ほとんどが食べ過ぎが原因であり、食べ過ぎている分を運動でもカバー出来なかったと言うことになるわけです。仮に運動でオーバー分のカロリーを消費した場合でも痩せないひともいます。これは食事の内容によりエネルギー代謝が計算通りにいかなかったケースになります。


人の体は、普通は運動すればするほど食欲が増してくるのが当たり前のメカニズムですよね。運動の落とし穴は
そんなにカロリーを消費していないのに、これだけ運動してカロリー消費をしたんだという必要以上の達成感を感じてしまうということが大きな失敗の元になっています。





確かに自分もそうですが、運動してきたという安心感や達成感は、痩せるために抑えていた食欲を余計に引き出してしまいついつい食べ物に手がでてしまうというものです。

また運動で消費するほとんどは糖質ですから、運動後はご飯やパン、麺類、お菓子などを食べ過ぎたり、糖質の多い清涼飲料水を飲む量が増えてしまったりもします。

太ってしまうのは運動不足よりも、食生活の乱れであることがほとんどの原因になっています。また、ダイエットのためといって運動を無理して組みこむのはストレスの原因にもなります。

もちろん運動は必要です。まずは食事の改善を意識し、家庭でできるストレッチやジョギングなどを無理しない程度に取り入れるようにするべきではないでしょうか。
posted by force at 01:30 | 運動でダイエット


食事でダイエット

人の身体のしくみ