健康診断のコレステロール値が気になっている方はこういうことでしょう

またまた健康診断の季節になってきました。この時期になると市役所から健康診断の案内が届きます。なんとなく気が重くなってきます。必ずと言っていいほど何かに引っかかります。

血圧と血液検査ではいつも異常が見つかります。ところが、最近の学会の研究からコレステロールの基準値に問題があることがわかってきました。健康診断で定められている「コレステロールの基準値」にはどうも問題がありそうなんです。

血中脂質の種類には、トリグリセリド(中性脂肪)、悪玉コレステロール(LDL)、善玉コレステロール(HDL)というのがあり、この3種類を合わせて総コレステロールと呼んでいます。

日本動脈硬化学会が発表しているガイドライン('12年版)では、血中のLDL(悪玉コレステロール)コレステロール値が140mg/dℓ以上であれば「高LDLコレステロール血症」と診断され患者にされてしまいます。

昨年4月には日本人間ドック学会が、血圧や血糖値などについて新たな基準値を発表して大きな話題となったのを記憶している人も多いと思いますが、基準がこれまでよりもかなり、かなり緩やかになってきています。

例えば、コレステロールの基準値は、男性が178mg/dℓ。女性は年代別に基準値が分かれており、30〜44歳では152mg/dℓ、45〜64歳では183mg/dℓ、65〜80歳では190mg/dℓとなっており、血圧や血糖値だけでなく、コレステロール値においても、すべて動脈硬化学会の基準値より緩いものになりました。

これまでは、血中のLDLコレステロール濃度が高ければ高いほど心筋梗塞による死亡率が高いということになっていましたが、全く根拠の無い話のようで、国際的な取り決めで、とりあえず決めたものが140という基準のようできわめていい加減といえばそのとおりの基準だったんですね。多くの学者が研究成果を元に疑問を呈しています。

海外の学会のガイドラインでも、LDLコレステロールは140mg/dℓが基準値とされていたみたいですが、米国では、すでにその基準値は撤廃されています。「米国で'13年に発表されたガイドラインでは、『(基準値を設けることは)根拠がなかったので放棄する』と明確に書いてあるようです。

もとになった研究の調査対象には、家族性高コレステロール血症という、生まれつきコレステロール値が高い遺伝性の病気で、心筋梗塞で亡くなるリスクが、そうでない人に比べて10倍以上も高いのです。こういう人も対象になっていたようです。

富山大学名誉教授・元日本脂質栄養学会理事長/浜崎智仁医師は、家族性高コレステロール血症の人を除くと、コレステロール値と心筋梗塞の死亡率の関係はほぼ完全になくなりますといっています。つまり、この基準値は、遺伝性の疾患を抱えていない人にとってはほとんど意味のない数値ということになります。一体どうなっているのでしょうか。



それどころか「コレステロール値が高いほど健康にいい」という研究結果も、国内外に少なからず存在するというから、ますますわからなくなってきます。

コレステロール値が高い人は、感染症にかかりにくいといってっます。LDLコレステロールは、体内に入った細菌やウイルスの毒性を中和する性質を持っています。肺炎などの感染症や、バクテリアが引き起こす内臓疾患を予防する役割もあるといいます。

浜崎医師は、日本人5000人以上を5年以上にわたって追跡調査した研究で'95年以降に発表されたものを集め、分析した。すると、コレステロール値と死亡率に次のような関係が浮かび上がってきたという。

まず男性では、血中の総コレステロール値が160mg/dℓ未満の人たちは、標準値(160〜199mg/dℓ)の人たちより死亡率が6割も増えていることがわかりました。さらに、コレステロール値が増えるに従って、総死亡率が低下していたのです。

一方、女性の場合、総コレステロール値が160mg/dℓ未満では、標準値の人たちより4割ほど死亡率が増え、それ以上コレステロール値が上がっても死亡率は変化しないという結果だという。

今年の健康診断は一喜一憂するのをやめて、じっくりデーターをみてよく調べてみてはいかがでしょうか。
posted by force at 21:28 | 人の身体のしくみ


食事でダイエット

人の身体のしくみ