運動ジムに通い続けるコツはただ2つだけ

健康診断が怖い、私もその1人ですがそう思っている人も多いはず。検診結果が出るまでは何かと心配したり、不安に思う日々が続きます。

特に運動不足を自覚していたり、食習慣に問題ありと自分でも思っている人はなおさらです。


毎日の運動といえば、この健康診断をきかけに何らかの運動を始めるケースが多いようです。ある調査結果では70%の人が健康診断以降始めています。


ダイエットや運動不足解消のために、近くの運動ジムに行こうかななんて思っている人も多いと思います。
でもよく考えてから決めたほうが良い場合があります。通い始めたものの規則正しく通っていたのは最初の1ヶ月位で、その後は月に1、2回程度になってしまうケースが非常に多いです。

運動は1回にまとめてやるというよりも、短時間でも毎日、もしくは週に数回はしっかり運動をする方が効果的。ジムを上手に利用するためには、トレーナーさんとよく相談し、どういうプログラムでまた、無理の無い計画を作ってからやるようにしたほうがいいようです。また、長続きさせるためには友達や同僚と一緒に通うようにするのが長続きのコツです。








太り過ぎの2大要因は、食べすぎと運動不足。

日中はデスクワークでほぼ座ったままで過ごすと、1日のエネルギー消費量は体重1kg当たりわずか8.6kcalほど。つまり、体重が50kgであれば、1日たったの約430kcalしか消費されません。1日に摂取するkcalの約3分1しか消費されないことになるのです。運動でカロリーを消費しないままで毎日エネルギーを摂りすぎていれば、肥満になる一方なのです。

月に数回ジムに行くのもストレス解消にはなるかもしれませんが、基礎代謝をあげたり、脂肪を燃焼するには不十分。ダイエットや筋力アップのためには、できれば週に数回はジムに通うことを習慣にしたいところですね。

脱三日坊主!ジムで効果を上げるコツ3つ

・ジムのトレーナーさんは、トレーニングのプロフェッショナル。目標を伝えることで、自分に合ったトレーニングプログラムを提案してくれます。また、同じマシーンを使ってのトレーニングも、どこの筋肉を意識して使うかを教えてもらうだけで、効果は全然変わってきます。

・スタジオプログラムを活用
ジムにスタジオが併設されている場合、ヨガやピラティス、ダンスなどの女性向けプログラムも取り揃えられていることが多いですが、脂肪燃焼をしたい人には有酸素運動のエアロビクスがおすすめです。スタジオで習ったものを家で開いた時間にすることもできます。

一人ではなく友達・同僚・家族などと一緒に通うことは、誘い合うことで、気分を高めて、ジムに通うことができて長続きできます。
posted by force at 22:56 | 運動でダイエット


食事でダイエット

人の身体のしくみ