筋トレやジョギングが無駄にならない野菜での酵素補給方法とは!!

今日は酵素をうまく利用することで、ダイエットが効果的に実践できる方法についてお知らせします。

肥満の原因の一つに酵素不足があリます。酵素を大量に消耗してしまう食事や、もともと酵素が少ない食事によって、代謝酵素が減ってしまうからなんです。

最近、女性の間で人気の酵素ダイエットですが、酵素と言うのはタンパク質の一種で他の栄養素と化学反応を起こし細胞を活性化させる働きを持っています。酵素は大きく分けると、消化酵素と代謝酵素の2種類になります。つまり、消化にも代謝にも酵素が必要ということになります。基本的には酵素は消化活動に優先的に使われます。

この辺をまず理解してから、ダイエット目的の筋トレやジョギング等が効果的に実践できるような食事方法を考えていきましょう。

以下が食事のポイントになります。酵素をたっぷり摂って太りにくくする食事を心がけたら、中年からのぽっこりお腹やぶよぶよ体型からうまく切り抜けることができます。





野菜の食べ方のポイントは
@すりおろした野菜を食べる
野菜はすりおろすと、酵素がたくさん出るという特徴があり、特に大根おろしは、焼き魚以外にも湯豆腐、鍋ものなどにたっぷりのせていただきましょう。にんじん、きゅうり、玉ねぎもできるだけおろして食べたほうがいいでしょう。

Aスチームを使う
せっかくの野菜もグツグツ煮たりして加熱すると、酵素も栄養分も失われてしまいます。そこでおすすめなのが、短時間スチームを利用する方法です。今100円ショップでもチンで蒸し野菜が作れる容器がありますよ。男性でも簡単にできますからご利用されたらどうでしょう。

B発芽野菜を利用する
最近出回るようになったスプラウト、かいわれ大根、もやし、ブロッコリースプラウト、レッドキャベツスプラウトなど、生命力に溢れる発芽野菜は、成長した野菜の何千倍の酵素が含まれ、栄養素も豊富らしいです。
ちょっと心がければ、キッチンでも栽培できますし、調理も簡単。新鮮なうちにサラダや味噌汁と一緒に食べてみてはいかがでしょうか。


そんなことで、もしも体内の酵素が不足したとしたら、酵素はまず消化のために使われてしまうので、代謝のための酵素が不足してしまいます。代謝酵素が不足するということは当然ですが代謝機能が低下するということです。

代謝機能と言うのは、エネルギーを作り出し、それを消費するという機能です。その代謝機能が低下してしまうのですから、基礎代謝量が減少したり、カロリー消費量が減ってしまいます。ということは筋トレやジョギング等が無駄になってしまうということも考えなくてはなりません。


また、酵素には、「燃やす力」「免疫力」「再生する力」「溜めない力」と言う4つの力があります。この中でダイエットに関係があるのが、「燃やす力」と「溜めない力」です。代謝にも関係することですが、「燃やす力」とは摂取したカロリーを消費して代謝するというものです。

「溜めない力」は、老廃物や毒素、余分なカロリーを体に溜め込まないようにするというもの。この2つの力があるからこそ、酵素を意識的に取り入れることでダイエットができます。

酵素は大切な重要な栄養素なんです。この際野菜の力を見直し、うまくとりいれ効果的な筋トレやジョギングといったエクササイズをやりましょう。


posted by force at 23:40 | 食事でダイエット


食事でダイエット

人の身体のしくみ