効果的なウォーキングは体重計が教えてくれます?

ウォーキングは誰でもできる最もベーシックな有酸素運動で、ダイエットにも確かに効果も期待できるすぐれものです。

効果的なウォーキングのやり方については、実に様々な方法の情報が溢れかえっています。

ウォーキングで大事なのは、スピード、1時間で歩く距離、拍数はどれくらいで歩けば良いか、姿勢はどうするか、肘は直角にせよ、、腕を大きく振れ、歩幅は大きめにとか、いろいろな課題があります。

いやこれは大変なことですね。

ロボットじゃあるまいし、こんなの全部セットしたり、意識したりしては、なかなかやるのが難しいというのが現実でしょう。

おすすめしたいのが、一番いい方法として体重計をまず用意することです。今ではいろいろなおもしろ体重計が発売されています。

この体重計に毎日乗ってみて考えることです。食べ過ぎなのか、運動不足なのか、便秘しているためなのか、あの日のあれが悪かったのか、など必ず思い当たるフシが出てきます。






それがわかるようになれば、それを修正しながらモチベーションも維持しながらできるようになります。ひいては結果にもつながりやすくなります。

あと、これだけはということになると、靴でしょうね。ウォーキングシューズも買うべきです。ケガの予防にもなります。履いてみればわかります。

それと最後は、歩く時は腰から前に出す感覚で足を出す、すなわち、おしりをフリフリしながら歩くことです。そして、最後にもう1つですが、歩いている時に下腹を思い切り凹ましたり膨らましたりしながら歩くことです。

これを続けて入れば、必ずやダイエットと健康なからだづくりに結びつくでしょう。


posted by force at 23:51 | 運動でダイエット


食事でダイエット

人の身体のしくみ