血糖値上昇を抑えればダイエットに成功するわけとは

目の前においてあれば全部食べてしまわないと気がすまない。

食事でもおやつタイムでも、ストレスのせいもあるかもしれませんけど。

働きざかりのサラリーマンは周りじゅうストレスだらけ、ついついあれば食べてしまう。

でも食べ方を少し工夫すればいくら食べても太らない方法がありますよ。

普通ものを食べるとその後すぐに血糖値上昇が続きます。その血糖は体を動かすことによりどんどん消化され
消費されます。そいて血糖値も次第に下がっていきます。





でも太るというのは運動不足などで消費しきれない糖が残ってしまい、それが脂肪となってしまいます。

ということは血糖値の上昇が少なく上昇のスピードが遅い食品をとればいいわけです。

血糖値の上昇が遅ければ上昇する間に消費されてしまいます。

この血糖値の上昇スピードを表す指標がGI値といわれるものです。きたことあると思います。

イモ類ならじゃがいもを食べるよりさつまいも、うどんを食べるよりお蕎麦という風にGI値の低いものを
とるようにすれば量を減らさずにいっぱい食べることができます。

低インシュリンダイエットと呼ばれ知られているダイエット法です。

GI値を調べて無理しないダイエットをやってみてはどうでしょうか。

勿論食事だけでなく運動を忘れないように。




posted by force at 20:52 | 人の身体のしくみ


食事でダイエット

人の身体のしくみ