断食から始める少食習慣つくり

お金では手に入らないものの代表として健康体があります。

こればかりは買うことができませんね。

日本国民の総医療費は年々増加し、42兆円にも上っているそうです。国民医療費は国民所得を上回る伸びを示していて、特に老人医療費の伸びが著しいみたいです。

環境汚染や毎日のお勤めでのストレス、生活習慣の乱れ、それに飽食・過食が健康を阻害しています。

健康は特別なことをしなくても、日常生活の中で自分で改善することで得られます。いろいろな方法があると思いますが、私がおすすめしたいのは「小食」にすることです。

私もいろいろとやっていますし、現に朝食を抜いていますが、一口に小食といっても、そう簡単に実践できるものではありませんよね。





だって、食欲は人間が持つ欲望の中でも最も強力な欲望だし、楽しみでもあるからです。

そこでおすすめなのが、断食の実践を経て小食体質にもっていくという方法です。でも、明日からすぐに断食を始めるのは難しいでしょう。まずは食事の量を少しずつ減らすところから始めると良いと思います。

たとえば、3食の食事の量を今までよりも20パーセントほど減らしてみるだけでも効果はあります。

それからのステップとして朝食を抜いて1日2食にしていく、そうすれば前日の晩から17時間の半日分の断食をしたことになります。

これだけでもダイエット効果や胃腸の改善効果が得られると思います。

試してみてはいかがでしょうか?


(PR) 断食ダイエット



 
posted by force at 13:47 | 断食ダイエット


食事でダイエット

人の身体のしくみ